Contents

トレーナー紹介

DF5_7824おおかくち  ひでき
大角地   秀樹

1973年生まれ

熊谷市出身

資格 鍼灸師 国家資格

加圧トレーニング特定資格者

健康運動指導士

NSCA公認コンディショニングスペシャリスト

NSCA公認パーソナルトレーナー

医療系の国家資格と日本で最難関のトレーナー資格の両方を保持

資格を持つ事は一定の教育を受け、試験にパスしたことをしめします。

トレーナーを選ぶ基準の一つにしてください。

なんちゃっトレーナーも多いのでお気をつけください。

 

30分でカラダ革命を起こす健康美体の仕掛け人

プロフィール

高校時代、ラグビー部の選手として全国大会に出場。
大学進学後に競技を続けるも、練習中に左膝の重傷を経験。
ドクターストップがかかる中、筋肉補強運動をベースにした
独自のリハビリで再起を実現。

卒業後、午前中に整形外科助手、午後は鍼灸学校で学び
週末にはスポーツクラブインストラクターという生活を
3年間続ける。
鍼灸マッサージ国家資格を取得後、5年間母校の大学にて
非常勤トレーナーを勤め上げる。

その後、埼玉県東松山市に個人トレーニング専門スタジオ
「e-condition(イー・コンディション)」を設立。
プライベートでは2010年に結婚し、2児の父となる。

短時間集中運動により基礎代謝を上げ、
整体で歪みを整え、酸素カプセルにより回復を早める
3ステップの施術により健康美体を作り続ける。

30分で終える濃密なエクササイズと、
飽きさせないように毎回内容を変えるカリキュラムに特徴。

厳しさの中にも愛情に満ち溢れるレッスンが地元で口コミに。

運動経験のない女性から家族で参加の親子まで入会希望者
が続出。

指導通算延べ6万人以上のキャリアを持つ。

人口が東京都の150分の1程度の市区にも関わらず、
現在は予約待ちとなる程の人気となっている。

大角地秀樹ストーリー

高校、大学時代

青春をラグビーに注ぎ埼玉県でも練習量が一番といわれる 前熊谷工ラグビー部監督森先生下で、
旧埼玉工大深谷高校情熱を注ぎ高校3年 時に見事全国大会に出場する 大学でもラグビーを続けるが
左膝前十時靭帯断裂のアクシデントに遭うが決死の リハビリで復帰する

卒後

就職するも、「何か違う・・・」と感じ、今しか出来ないことをと決意しオーストラリアに 1年間、
旅へでた そこでいろんな人と出会い、経験しやりたいことは、なんとして でもやり、自分らしい生き方を
模索し起業することを決意

帰国後

何をしたいのかわからず、いろんなアルバイトを経験後スポーツクラブにトレーナーの
アルバイトを経験、そこで火がつきトレーニングを通して人の体の精密さに驚かされ さらに学びたいと
整体の学校へ一年その後さらに鍼灸専門学校に入学国家資格を 取得 整形外科や整骨院で働きながら
母校のラグビー部のトレーナーとして経験を積み 2008年2月に東松山市に逢花治療院を開院しました
2010年業務拡大しe+conditionと改名し加圧トレーニングの専門店として新たに出発

より良い治療法を求めて・・・

開院後もより効果的で負担の少ない治療法を模索中一冊の本と出会いました それがカラダリセット療法でした 。
さっそく勉強会に参加し体感しました 。
軽くカラダに触れてゆすっているだけで体の歪みがとれ痛みや緩和 高齢者から子供まで無痛でできる治療法として取り入れることにしました 。

加圧との出会い

加圧トレーニングは10年ぐらい前から興味を持ち知ってはいたのですが 当時はまだ理論も確立していなく半身半疑でしたが、東京大学の研究で筋肉をつき やすくすることだけでなく成長ホルモンの分泌で様々な疾患の改善が見られることが 実証されました。
この加圧と酸素カプセルを組あわせることですばらしい効果が上げられると考え ました 。
この二つの力でより多くの不調を訴える方の早期の回復、改善そして長期間の維持 ができると確信 そして元気なっていただき、いろんな事に挑戦し人生を楽しんでいただきたいと願って います。
おかげ樣で年間4000回以上のトレーニング指導をしております。業界でもトップクラスの指導数を4年連続で維持しております。


gおおかくち  ともみ
大角地   友美

資格 健康運動実践指導者

ADI認定エアロビクスインストラクター

日本赤十字社救急救命

コーディネーショントレーニング ブロンズ

ボディケアトレーナー

 

大角地友美ストーリー

学生時代

小学3年生からバスケットを始め、高校3年で引退するまでの10年間!
度重なる疲労骨折で痛みと戦う毎日でした。
練習後は、近くの接骨院や整形外科に通い治療をし続ける。
そんな中、沢山の治療家さんにお世話になり、スポーツトレーナーになろうと決意する。
体育学校在学中、放課後は、トレーナーサークルに所属し、選手のテーピング・ストレッチ・ボディケアに勤しみ、
休みの日には社会人チームのトレーナー活動に専念しました。

家族と自分の病気をきっかけに・・・

学生時代に家族が病気になり、それがきっかけで【健康】に関わる仕事がしたい!と決断!
スポーツジムに就職!子供のリズム体操から、大人のパーソナルトレーニング指導と休みなく精進していた頃、過労で倒れる。
病気の治療の為1年入院している時に、健康の素晴らしさを改めて実感!

退院してすぐに、知識を深める為、ボディケアの勉強を再度始める。
それと同時に、身体を動かすことの楽しさを伝えたい!とエアロビクスインストラクターの勉強をスタート!

2015-09-08 | Posted in ContentsNo Comments »